ネイティブなのに?フランス人がケベックのフランス語力テストに不合格

ネイティブなのに?フランス人がケベックのフランス語力テストに不合格

https://canada-life.blog

ケベックで永住権をとるには、フランス語ができるという証明書(テストなどを受ける)を提出しないといけません。
今回は、移住希望のフランス人(もちろんフランス語はネイティブ)がそのテストに落ちてしまったというニュースをみたのでシェアします。

参考 https://www.ledevoir.com/societe/598181/langue-un-francais-qui-a-echoue-a-un-test-de-francais-pour-immigrer-au-quebec-denonce-un-processus-trop-selectif

永住権取得に欠かせないフランス語のテストって?

移民が多いケベック州ですが、ケベックでは、フランス語のみが公用語とされています。(1974年~)

詳しくはこちら↓

関連記事
なぜカナダ・ケベックでは、フランス語が公用語?訛りや方言は?
【単語帳付】なぜカナダ・ケベックではフランス語が公用語?訛りは?

  私の住む街はカナダのケベック。フランス語圏です。 移住し始めたときは、フランス語といっても今まで勉強していたフランスのフランス語(以下、スタンダードフランス語)とはアクセントや表現が全く ...

続きを見る

そしてケベックのフランス語は、フランス語局(Office québécois de la langue française)によって守られていますが、移民が多く英語圏に囲まれているケベックはモントリオールを始め、英語にフランス語が脅かされています。

それを食い止めるべく、州政府は近年ケベックに永住希望の移民に高いレベルのフランス語を強要しています。

 

移民に求められるフランス語力のレベルの高さ

冒頭で話したようにネイティブのフランス人がテストに受からないほど、その求められるレベルは高めです。

レベル

フランスのフランス語

ケベコワ

ネイティブレベル

C2

11-12

上級

C1

10-9

中上級

B2

7-8

中級

B1

5-6

初中級

A2

3-4

初級

A1

1-2

現在永住権取得のためのフランス語必レベルは7 (毎時変わるので注意)

 

数年前までは州指定のフランス語講座を受講するだけ、あるいはある程度の会話ができればクリアでこのフランス語テストは免れていたようです。
しかし、ここ5年位で条件が一気に絞られたようです。テストを受け上級とされるB2(レベル7)に達していないと州の永住権取得(PEQ)の書類が提出できなくなってしまいました。(この条件は毎時変わります。本当に毎時なので、読まれるときと変わっていることがあります。) 

 

ケベコワの奥さんを持ち、ケベックに永住希望のフランス人Yohan Flamanさんは、このフランス語力のテストに合格できませんでした。

オーラルのテストが特に難しかったと話しています。60個の質問に40分で答える必要があります(口頭での指示時間を含む)。
つまり、一つの質問に40秒未満で答えないといけません。

「不合格にさせるための問題ばかりだった。ある程度の語学力を求めるのは理解できるが、ケベック州が求める語学力はかなり厳しい。フルタイムの仕事をしながらフランス語を学ぶ人にとって、ハードルは高すぎる。」と彼は言います。

 

ちなみに、今回のYohanさんとは別の問題かもしれませんが、私も州の講座を受けているときに練習で問題例をいくつかやりました。
自由と平等は両立するか?テクノロジーは私たちに自由の時間を与えてくれるのか?何歳から携帯を所持するべきか?ボランティア活動をするなら何をしたいか?
とかを4分間で話さないといけないんですが、これフランス語以前に議題の難易度が高めです。

 

ただ、フランス語の先生曰く、こういった質問を相手に納得させるように自分の意見と結論をフランス語で答えられないと永住権取得の最低ライン7は越えられないと言っていました。

 

関連記事
https://www.google.com/search?q=duoling&rlz=1C1CHBF_enCA917CA917&sxsrf=ALeKk00ecjwkS_Zd-CCnf2O8usKLPgiwvA:1615485844705&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjK7Kbf6ajvAhWltTEKHc0bAksQ_AUoAXoECBYQAw&biw=1536&bih=754#imgrc=7SrTD_TBroVlYM
独学一日5分 ゲーム感覚のDuolingoで基礎~上級のフランス語をマスター

フランス語を勉強している多くの友達から、Duolingoやってないの?って聞かれ続け、ようやくDuolingoをやり始めて早2週間目。 1日たった5分で効率よく、ゲーム感覚で勉強できるので、すっかりは ...

続きを見る

テスト費用

一回240ドルかかるテストです。テストも高額だから一回で、7以上は取得したいものです。

 

テストに落ちたフランス人の現在と移民局の問題点

その後、Yohanさんは、無事にテストに合格し、現在永住権の待機期間に入っています。

永住権取得までは平均で27~33か月待たないといけません。

Yohanさんは、こう語っています。「多くのフランス人の友達がこの長い待機期間に耐え切れず、帰国してしまっている。更に問題なのは、受付窓口がないこと。移民局に書類の現況を聞きたくても、窓口では答えてくれないどころが冷たい対応で電話を切られる。」とのこと。実際私たちも書類について質問をしたくて、電話をしたことがありますが、30分電話口で待たされ、ろくな回答を得られず、冷たくあしらわれ1分で電話を切られました。

 

フランス語のテストも難しい、書類をつくるのも大変、費用も莫大、待機時間が長い、おまけに窓口の冷たい対応、これでは壁が高すぎて、永住したい気持ちも薄れてしまいます。

 

フランス語を守るのは大切ですが、せっかくケベックにきてくれた移民をフランス人も受からないようなテストや冷たい対応で追い払うのは考えようですね。

ちなみに、ケベック州は、労働者不足でたくさんの移民受け入れをしていますが、フランス語のテストがネックで、お隣のトロントやオタワに2年以内で移る人が多いのが実情です。

 

関連記事
「チーズケーキ」で罰金?ケベック州フランス語局の行き過ぎた対応

ケベック州モントリオールのとあるパン屋さんのメニュー表記にチーズケーキとあっただけで罰金が課せられるというニュース。今回はその理由を紹介します。

続きを見る

 

関連記事
フランス語の絵本人気TOP3でフランス語と文化を楽しく学ぶ

フランス語を学び始めたときに、フランス人の先生から薦められた方法です。 子供用の絵本は、フランス語の基本会話を楽しく学べるだけでなく、その国の習慣や食べ物、文化も垣間見れます。   今回は、 ...

続きを見る

[スポンサーリンク]

© 2021 みあ Powered by AFFINGER5