<カナダ>パスポートワクチン開発中 使い道と問題点 

<カナダ>パスポートワクチン開発中 使い道と問題点 

https://canada-life.blog

カナダ国民にワクチン接種が行きわたっている今、カナダはコロナのパスポートワクチンを開発中です。ケベックも例外なく今後このパスポートを利用できるような見通しを立てています。
今日はパスポートワクチンについての記事を紹介したいと思います。

参考https://lactualite.com/societe/le-passeport-immunitaire-un-ticket-vers-la-liberte/

パスポートワクチンが持てる条件

コロナワクチン2回接種後(今のところ特にワクチンの種類にかかわらず)

ワクチンパスポートを持つとできるようになること(見通し)

(あくまで見通し)
海外旅行、スポーツ観戦、団体競技のスポーツへの参加、大学の対面授業、礼拝やセレモニーなどの参加、レストランで飲食、アクティビティーの参加など

ちなみに、現時点では、2回ワクチン接種後の人でも海外旅行から帰国した人は、出発前後のPCRテストや14日の隔離が義務付けられています。

どんなツール?

・QRコードでの読み込み式
・紙ベース

いずれも他国ではすでに利用中のもの。

関連記事
カナダトイレットペーパー高騰化
カナダ:トイレットペーパーの値上がり

以前、木材不足による高騰化についてブログに書かせていただきましたが、 この木材高騰化によって、トイレットペーパー(原材料である木材パルプ)の価格にも影響が出てきてしまっているんです。 参考 https ...

続きを見る

個人情報は守られる?

記載される項目は今のところ、ワクチンの種類、接種日、ワクチンを打った場所、期待されるワクチン効果持続期間のみとされているため、個人情報漏洩にはつながらないと見ているとのことです。

問題点は?

ワクチンパスポートの問題点は、接種した人としてない人が差別化されてしまうことです。健康上の理由で接種できない人や、接種したくないひとは、できることがやはり限られてしまうのが、目に見えて表れてしまうことです。

関連記事
コロナ禍で木材が不足で価格が600%増しの理由
<カナダ>なぜ?コロナ禍で木材が不足 一部価格が600%増しの理由

コロナが世界的に流行してしまってから一年以上が過ぎました。そして、コロナによって私たちの生活も一変してしまいました。テレワーク、外出禁止、ソーシャルディスタンス、こまめな消毒など、慣れない変化に戸惑い ...

続きを見る

[スポンサーリンク]

© 2021 みあ Powered by AFFINGER5