コロナ禍中のカナダは今年のハロウィンやる?やらない?

2020-10-15

コロナ禍中のケベックでは、レッドゾーンの規制後にハロウィンがやってきます。今年のハロウィンはどうなるのか?こちらのママ友ともよく話題にあがります。

そんな中、昨日カナダ公衆衛生庁は下記の通りハロウィンの行事をキャンセルしなくてもいいことを公式発表しました。

★ランキングに参加しています。「ブログ村」に訪問していただけたら嬉しいです☺ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

カナダの2020年のハロウィンの祝い方

先ほど伝えたように、カナダ公衆衛生局長テレサ・タムは次のような規制を守れば、今年もハロウィンのお祝いをキャンセルする必要がないこととしました。外でお祝いをする際には(キャンディーを配ったり、もらったりするときなど)

  • マスクをすること
  • 手をよく洗うこと
  • 2mの対人距離を守ること

また子供たちに配るキャンディーは個別包装にし、同じ箱から取ることがないようにするなど、今年は特定のルールを決める必要があると述べています。(公式ホームページに掲載予定)

ただし、コロナ禍中の活動範囲の基準は全国で異なるため、地方自治体の指示に従うことを推奨しています。

ケベックでは?

ハロウィンが子供にとって、とても重要な行事という理由から、ケベック州でもハロウィンのお祝いはしてもいいことになりました。(10/15会見より)但し、以下のような注意点があります。

  1. 同じ家に住む家庭の人と祝うこと(友達と一緒には祝えない)
  2. キャンディーを配ったり、もらったりするときなどには2mの距離を守る。(袋詰めのキャンディーを一定の場所に置いて、子供に取りに行かせるなど。)

 

※あくまで子供のお祝いで、大人が仮装して祝ったりはしないこと

そのほかの地域

 Colombie-Britanniqueでも、Bonnie Henryが祝うことにする方針だと伝えているようです。

 

★最後まで見ていただきありがとうございます。もしこの記事が役に立ったら「ブログ村」に訪問していただけたら嬉しいです。☺ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

[スポンサーリンク]

© 2020 みあ