[スポンサーリンク]

ケベックのスーパーは入店条件があるって本当?コロナ影響

2020-04-11 執筆者 : みあ

コロナの影響から、ケベックでは徹底したウイルス対策のためにスーパーや薬局に入店条件が加えられました。

スーパーや薬局のコロナ対策と入店条件

入店人数の制限

間隔をあけて店に並ぶ人

店内は人との距離を保てるように少人数に制限しています。そのために外で寒い中文句ひとつ言わず2mの距離を保ちながら列をつくって並ぶ人たちがいたるところで見えます。

入店は基本的に一人で

家族と一緒に買い物はできません。買い物は一人でいくことが基本です。

入店前の消毒

店の入り口に設置されている消毒液

入店前は消毒が義務付けられました。

体調の確認

入店できる条件が記載された紙

各顧客に

  1. 直近の旅行歴
  2. 咳の有無
  3. 熱の有無
  4. コロナ保持
  5. コロナ有無のテスト結果待ち
  6. コロナ保持者との接触の有無

を確認していました。

店員の合図をもっての入店

①から④をクリアした人は、店員が店の中にいる客の人数をみながら、入店していいか許可を出してくれます。勝手に入ってはいけません。

店内一方通行

店内の床にある一方通行の表示

一歩方向ですれ違いによる他者との接近を防ぐという対策です。またこの床のシールはいたるところに貼られていて、このシールの他者との距離間で皆移動していました。守らないと店員に注意されます。

まとめ買いは禁止

備蓄がきくトイレットペーパーや保存期間の長いパスタや缶詰などは品薄状態からは脱却しましたが、まとめ買いする人が多数います。これを防止するために一人一つしか買えないようになっています。

支払い方法はタッチ式のカード払いのみ

支払い方法の貼り紙

上記のちらしにかかれているとおり、キャッシュによる支払いで定員と顧客による接触を避けるため、タッチ式のカード払いに徹底していました。

と、こんな感じで入店するのに一苦労、入ってからも不便でストレスフルな買い物となりました。

が、今はコロナの拡散を防ぐため皆一丸となってルールにしたがうことが大切です。

早くこの危機的な状況が回復されることを願うばかりです。