[スポンサーリンク]

<カナダケベック>絶品グルメの宝庫ガスペジーで贅沢海鮮グルメ旅

執筆者 : みあ

この夏、前々から気になっていたガスペジーに一週間行ってきました!

車を走らせること…ケベックから約10時間。はい、ガスペジーは遠いんです。近年、コロナの影響で海外旅行に行きづらくなったケベコワは、ガスペジーに行ってリゾート気分を楽しみます。ほかにもケベコワから人気な理由は、マリンスポーツが楽しめること、そして海鮮グルメが味わえること。

今回は、そんなガスペジーで食した海鮮グルメの紹介です。

1,海鮮プーティン

でました!プーティン。ガスペジーのプーティンは一味違います。なんと、海鮮クリームソースをふんだんにかけて食べます。

クリームソースの下には、ポテトとプーティンのチーズが隠れていました。肝心の味ですが、えびはぷりぷり、かにも濃厚で、クリームソースがよく絡んでいて、とてもおいしかったです。かなりおなかにたまるので、小サイズを頼むといいかもしれません。

ちなみに…、私の子供たちは、いつものプーティンじゃないと不満そうでした笑

ガスペジー内の食堂(casse-croute)で食べられます。

参考までに人気の食堂名を載せておきます。↓

店名:Casse-croute chez Cathy

住所:216 Mnt de Rivière-Morris, Gaspé, QC G4X 5P7

関連記事
フライドポテトにソースとチーズ、肉がトッピングされた料理
ケベックではポテトにソース?ケベック名物「プーティン」をたべてみた

カナダの代表的な料理「プーティン」をご紹介。プーティンは、フライドポテトにソースと粒状のチーズをかけた食べ物。カナダのいたるところで食べられる国民食です。

続きを見る

2,オマールエビのサンドイッチ

現地の人にお勧めしてもらったオマールエビのサンドイッチ(club homard)。

見た目もがっつり、オマールエビをふんだんにつかったサンドイッチです。ここのエビもぷりぷりで食べ応えがありました。

甘酸っぱいソースがおいしかったです。

写真:https://fr.tripadvisor.ca/LocationPhotoDirectLink-g494965-d1868563-i204441134-Bistro_Bar_Le_Brise_Bise-Gaspe_Gaspesie_Region_Quebec.html

このサンドイッチもガスペジー内の食堂で食べられます。

参考までに人気の食堂名を載せておきます。↓

店名:Casse-croute chez Cathy

住所:216 Mnt de Rivière-Morris, Gaspé, QC G4X 5P7

3,つぶ貝

bourgotと呼ばれる貝がお魚屋さんにあったので、何かな?と思い購入し、調べるとつぶ貝だということが判明しました。
つぶ貝はケベックシティの魚屋さんやスーパーでは購入できません。ここぞとばかりに購入し、宿泊先で白米と一緒に食べました。しばしの幸せ。

こりこりな触感、久しぶりな新鮮つぶ貝でした。

店名:Poissonnerie de Gaspé

住所:12 Rue Leboutillier, Gaspé, QC G4X 1E3

4,まるごとオマール

写真参考:https://www.restomania.ca/le-vrai-homard-de-gaspesie-de-la-mer-a-lassiette/

やっぱりまるごとそのまま新鮮なオマールエビをたべられるのが、ここ海辺の島ガスペジーならではでしょうか。

魚屋さんでその日にとれたゆでられているオマールエビを購入し、宿泊先でいただきました。

贅沢な時間でした。また、食べかすの殻を使って、だしをとり、海鮮パスタも作りました。

店名:Poissonnerie de Gaspé

住所:12 Rue Leboutillier, Gaspé, QC G4X 1E3

海鮮が少ないケベックシティに住む私にとって、新鮮な海鮮グルメを食せただけでも10時間かけてガスペジーに来た甲斐があったなと思います。

次回は、ガスペジーの絶景について記事にしたいと思います。

 

教室の様子:https://www.facebook.com/nihongokeisho/