カナダ・ケベック舞台のおすすめ映画3選

2020-12-13

おすすめケベック映画3作品

https://canada-life.blog

フランス語の授業でケベックの先生からお勧めのケベック映画をいくつか教えてもらいました。

中でもとても面白かった3つの映画を紹介したいと思います。

なお、この3つの映画はいずれも、ケベック人にはとても人気のある映画です。

コメディ映画:「グランド・セダクション」

タイトル グランド・セダクション 〜小さな港の大きな嘘〜
制作国 カナダ
公開日 2014年
ジャンル コメディー
再生時間 115分

小さな港町に住む主人公マーレイは、漁師の仕事をしていた父に憧れ漁業の仕事をしたいと思っていました。

しかしマーレイが大人になった頃、町は廃れ、町人は仕事を持てず生活保護手当を貰って生活していました。
そんな時、町長から、大きな工場が港町に設置されることになると聞かされた町人達。
工場ができれば町の活気は戻り、安定した職につけると 喜びも束の間、工場設置の条件は町に医師が一人いることでした。

後日一人の若い医師が期間限定で町に住み始めることになります。マーレイや町人達は医師にとって住みやすい町を作り上げるために、医師と医師の彼女との電話を盗み聞きし医師の好みや嫌いなものを調査して、町を医師好みにさせます。

果たして、医師はこの町に住み続けてくれ、工場を招き入れることができるのでしょうか?

映画を見た感想

みあ

とにかく面白くて笑えます!前半は工場を招き入れたい町人達を応援したくなるのですが、後半は医師に同情し、切なくなってきます。嘘がバレそうなときはドキドキハラハラ。結末が見えないところも面白いです。
関連記事
爆笑ケベック映画 グランドセダクション
爆笑のケベックのコメディ映画グランド・セダクションをフランス語で見る

フランス語の授業が始まり、ケベックの先生からお勧めのケベック映画を教えてもらいました。中でもグランド・セダクションは、コメディ映画でとても見やすかったので紹介したいと思います。 みあ話の内容や展開がと ...

続きを見る

2003年オリジナル版は(フランス語)↓

2014年のリメイク版はアマゾンから配信中(日本語字幕版)

 

ヒューマン映画:「フライト236」

タイトル フライト236
制作国 カナダ
公開日 2010年
ジャンル ドラマ
再生時間 107分

実話が元になっているヒューマン映画。日本語版では航空パニック映画と紹介されていますが、実際は主人公ロベールの人生転落から復活までの嘘のような実話を映像化しています。

パイロットのロベールは子供と、美人な奥さんに囲まれ何不自由ない幸せな生活を送っていました。
ある日、パイロットを務めた飛行機がガス漏れにより、一時航空パニックとなった機体を無事に着陸させたことで、世間からヒーロー扱いされるようになりました。

そんな中、過去のロベールの麻薬密輸についての記事が世の中に出回ってしまいます。

それを機にロベールはアルコール依存に陷り、同時に家族仲へも悪影響が及んでしまいます。

映画を見た感想

みあ

話の内容や展開が複雑な映画です。麻薬、アルコール中毒、航空パニックからの奇跡の生還、家族愛と問題、性虐待、同姓愛、獄中生活といろいろな要素がある映画で、目が離せない映画です。
関連記事
ヒューマンケベック映画 フライト236 フライト
嘘のような実話 転落からの復活劇ケベック映画『フライト236』をフランス語で見る

フランス語の授業が始まり、ケベックの先生からお勧めのケベック映画を教えてもらいました。前回紹介したグランドセダクションとは異なり、『フライト236』は実話が元になっているヒューマン映画。日本語版では航 ...

続きを見る

DVD

 

恋愛映画:「わたしはロランス」

タイトル わたしはロランス
制作国 カナダ・フランス
公開日 2012年
ジャンル 恋愛
再生時間 168分

ただの恋愛映画ではなく、トランスジェンダーの彼と彼女の話。

国語教師のロランスと、その恋人フレッドはお互いを愛し合う恋人同士でした。

ロランスは自分の誕生日に、自身がトランスジェンダーであることをフレッドに伝え、その日から女性として生きていきたいとカミングアウトします。
フレッドは突然の告白に怒りと戸惑いを隠せません。しかし、フレッドは愛するロランスのために、一度は応援することを決めます。

一方ロランスは、メイクをしてきれいに着飾って「ありのままの姿で」職場に出向きますが、周囲の理解が得られず、絶望的な気持ちに陥っていきます。
同時にフレッドも周囲の目が気になり始め、ロランスから離れることを決意します。

果たして二人は結ばれるのか?

映画を見た感想

みあ

全体的には、すごく切なくて一週間たっても、引きずってしまっています。それくらい惹きつけられる映画でした。カメラワークと色彩、俳優陣の演技力のたかさと演出すべてがよかったです。
関連記事
切ないケベックの恋愛映画 わたしはロランス
ケベック映画「わたしはロランス」を見たら胸の痛みが取れなくなった

今回はトランスジェンダーの彼とその恋人との切ない恋愛映画「わたしはロランス」のあらすじと感想を紹介します。 この映画はフランス語の授業で勧められて見たものです。 友達からも勧められていて前々から見たか ...

続きを見る

DVD

 

 

Blu-ray

まとめ

カナダ・ケベック舞台のおすすめ映画3選は

  1. コメディ映画:「グランド・セダクション」
  2. ヒューマン映画:「フライト236」
  3. 恋愛映画:「わたしはロランス」

フランス語の勉強にもなるので、ぜひ見ていない映画、気になる映画がありましたらチェックしてみてくださいね。

[スポンサーリンク]

© 2021 みあ