日本からカナダ・ケベック州のケベックシティに移住した日本人のブログ。ケベックの暮らしや子育てなど、現地のリアルな情報をお届け!

ケベックシティバスの乗り方

2019-12-16

ケベックシティバスの乗り方

https://canada-life.blog

ケベックシティに旅行で来る方、車(レンタカーなど)以外のケベック内の移動は基本的にバスになります。地下鉄や電車、トラムなど走っていません。夏であれば、自転車でも気持ちいいですが、冬は雪と寒さで自転車や歩くにしても長距離の移動は難しいです。

そこで、バスの乗り方について簡単に説明したいと思います(あくまで短期滞在者向けの参考です、学生割引バスカードなどもありますが省略します)。

バスの料金

基本的に近距離、遠距離の利用にかかわらず、金額は統一。

券の種類 支払い方法 料金
1乗車 現金 3.5ドル(おつりなし
1乗車 バスカードの回数券(紙かOPUS) 3.10ドル
1日券 バスカード(紙) 8.75ドル
週末券
(金曜の17時半から日曜日まで)
バスカード(紙) 16.00ドル
5日連続利用券 バスカード(OPUS) 30.00ドル
1か月利用券 バスカード(OPUS) 89.5ドル

バスカードの種類

種類 発行料金 備考
バスカード(紙)carte occasionnelle ケベックのバスのパスカード
出典:https://www.rtcquebec.ca/tarifs-et-achat/cartes-puce/cartes-opus-et-occasionnelle
カード発行料金はなし
2, 4, 8 ,12回のなかから選んで購入
紙のカードは紛失したら再発行は不可能
バスカード(OPUS)carte opus ケベックのバスのパスカード
出典:wikipedia
カード発行料金6ドル
(一部学割で写真付きの場合は15ドル)
偶数回で24回まで選んで購入
OPUSはスイカのようにかたいカードで裏にある番号で管理されているため、紛失時は番号を会社に伝えると、再発行が可能。

バスカードの発行場所と問い合わせ先

バスカードは「Centre d'information RTC」で購入できます。

  • 住所:Centre d'information RTC - rue Saint-Joachim 884, rue Saint-Joachim
  • 電話番号:418-627-2511

そのほかタバコショップやドラッグストアでも購入可能ですが、カードの種類によっては取り扱わない店などもあり混乱するので、市街地から近くのCentre d'information RTCに行くとよいでしょう。RTCは市バスの会社なので質問も可能。

▼Centre d'information RTC[Googlemap]

バス乗車の基礎知識と注意点

ケベックのバス停

  • 基本的に運転手がいる前方ドアから乗車、後方ドアから降車(ただし後方ドアの降車は階段があるため、ベビーカーなどは前方からでもOK)
  • 乗車時に支払い。現金は運転手側のグレーの機械にコインを入れる、カードは運転手より遠めの青とオレンジの機械にタッチする
  • 現金はおつりがでない
  • 降車時は日本と同じようにボタンで降車のサインを出す
  • 降車時は、ドアが自動ではないので、ドアの取っ手もしくは緑に光るボタンを押すことでドアが開く
  • 降車時は急いで出ないと発車するため、1駅前で降車ドアの近くで構えてるとよい
  • 乗り換え時間が90分以内だと1乗車の料金で乗り換え可能
  • 乗り換えをする場合は、カードであれば自動計算されるが、現金の場合は、最初の乗車で運転手に乗り換えをする旨を伝え、バーコードを発行してもらい、乗り継ぎバスの運転手にバーコードを見せる
ケベックのバスの写真

現金は運転手側のグレーの機械にコインを入れる(写真左の丸で囲った部分)、カードは運転手より遠めの青とオレンジの機械にタッチする(写真右の丸で囲った部分)

まとめ

今回はケベックシティのバスについてお伝えしました。

私は初めてバスを利用したとき、おつりが出ないことを知らず、たった3駅の利用に5ドルもかかってしまいました。

また、最近まで乗り換えの料金がかからないように、バーコード発行ができることも知りませんでした。

ケベック内の移動は車がないと基本的にバスになりますし、1回の乗車がどこへ行くにも高額になるため、事前にバス乗車についての利用の注意点をしっておくと、とても賢くバスが利用できると思います。

数日しか滞在しない場合は、回数券だけでなく、週末券や5日連続利用券などを購入してなるべく安くバスを利用できるといいですよね。

[スポンサーリンク]

ランキング参加中

にほんブログ村 海外生活ブログへ
クリックしてくれたらうれしいです。

\この記事は役に立ちましたか?/

© 2020 みあ