03/03 速報 ケベックコロナ活動規制 私たちの生活で変わること

2020-09-29

コロナ感染拡大が止まらなかったケベック州も感染者減少が少しずつ見えてきました。ワクチンも配布され少しずつ希望の光が見えてきています。

昨日の会見で、3/8日以降の活動規制継続と緩和条件を発表しました。

参考 https://www.lesoleil.com/actualite/covid-19/zone-orange-restos-gyms-et-salles-de-spectacles-rouvriront-le-8-mars-1fc7895a34448a71a202b0f7c222b533

 

3/3 追記 主な変更点

3/8から、下記モントリオール地域とその近辺以外の地域ではオレンジゾーンへ緩和

新規オレンジゾーン:la Capitale-Nationale, de Chaudière-Appalaches, de la Mauricie, de l’Estrie et du Centre-du-Québec

(Montréal, Laval, la Montérégie, Lanaudière et les Laurentides はレッドゾーン継続)

オレンジゾーンだとどうなる?

・室内ジム(個人スポーツ)、レストラン、劇場など開放(衛生管理は徹底)

・外出禁止の時間が緩和 21時半から5時まで

・5エム以上は校内マスク着用

(レッドゾーンは1エールから着用)

緩和されても、人の家の行き来や集会の禁止は継続されます。

ケベック州全体での変更点

3/15~ 学校の放課後の課外活動(パラスコレール)の再開予定

3/8~ スポーツ全般の再開予定

 

2/16 追記 主な変更点

ケベック州全体で映画館、図書館(引き続き)を開放再開(マスク着用)

スポーツ:室内のスポーツ(プール)を開放 1家族内で行動すること

     :外でのスポーツは1バブル8人までで許可

シャレーの宿泊は推奨しないが許可(1バブル内で)

観光地での警備を強化(2バブル以上で行動している人たちを警備するため)

年配の方(おじいちゃんやおばあちゃん)にバカンス期間子供を預けることは推奨しない

他人の家の行き来禁止は継続(一人暮らしの人以外)

レッドゾーンの20時から5時まで外出禁止は続行

 

 

参考 https://www.journaldequebec.com/2021/01/06/en-direct-reconfinement-severe-francois-legault-annonce-de-nouvelles-mesures-sanitaires

 

レッドゾーン地域

レッドゾーンの地域を知りたい方はこちら↓

https://www.quebec.ca/sante/problemes-de-sante/a-z/coronavirus-2019/systeme-alertes-regionales-et-intervention-graduelle/cartes-paliers-alerte-covid-19-par-region/

レッドゾーンになると何が変わる?

https://www.journaldequebec.com/2020/09/28/en-directcovid-19-francois-legault-fait-le-point-sur-les-zones-rouges?fbclid=IwAR2zdjVBqBl8NJFcCPffN3pom_8TPPAuVIMxZWD6bQb-L_KpBoAJgh4szTs

20時から5時までの間は外出禁止

・レストラン、ジム、シアター、なども引き続き閉鎖

・葬式の集まりは10人まで

・保育園は通常通り開放

・セコンデールの生徒や教員にはマスクを毎日2枚ずつ配布し、マスク着用の義務付け

・エッセンシャルな仕事以外では、テレワークが義務付けられる

・度重なる規制違反をする企業は一時的な業務停止を要求

・外で人と会うことも禁止

・外での個人スポーツは許可

・スケート場とスキー場は19時半まで開放

・65歳以上の方には感染の危険を防ぐため、在宅を強く推奨

→対象の年齢の方に子どもを預けることは推奨しない

・レッドゾーン指定地域にて、規制を引き続き行うことが決定。

デパートなどのお店では、列に並んでいる間も2mを保つこと

店内の集団感染予防のために、

責任者は入店人数を入口の見えるところに掲載し、徹底すること。(これがない場合は違反とし、(個人・経営者ともに)には最高6000ドルの罰金請求)

・一人暮らしをしている人には、精神的なサポートが必要になるため、積極的に連絡をとることを勧める

・家の訪問は禁止(近親者の介助はのぞく)

・ショー、映画館、レセプションホール、美術館、図書館の閉鎖。(給付金措置予定。)

・マニフェスト時にはマスク着用義務

・パラスコレール、学校間の行事、遠足などの課外活動の中止

・学校内の職員は職員室を含むすべての校内でマスク着用義務化(マスクの費用はケベック政府の負担)

・集団で行うスポーツの禁止(同じバブルの中でのスポーツは行える)

・スクールバスの中はいつも同じ席に座らせ、可能な限り、一人で一つのベンチに座らせる。

・ランチはなるべくクラス内で、できない場合は、食堂内で固定の席に座らせる その場合も他のグループと2mの距離をおく

・消毒を徹底するため州内の学校内のSurvaillanceを増やす(採用枠を増やし現在募集中)

・スポーツ学習、美術学習などは(sport-études と arts-étude) は固定のグループ内では継続させる

・セコンデール付近での警察の監視強化

・いわゆる習い事のスポーツは中止

・教育関連のインターンシップ、研究および実験室活動は維持。

・図書館は、オンラインで貸し出し可能

・友達同士での2mの距離を保ちながらのサイクリングは自粛したほうがよい。

・公園に遊びに行かせてもいいが、他のこどもと2mの距離を保たせること。(それが難しいようなら(公園内が混雑しているなど)自粛するほうがいい。)

下記、facebookより富田紀男さん(富田さんありがとうございます★)からいただいた情報(radio canada参照)補記します。ici.radio-canada.ca/nouvelle/1737033/covid-19-nouveaux-cas-quebec-lundi-alerte-rouge-montreal-quebec?fbclid=IwAR1-fSljnDeC9B9yOn0l0WToioXoxkYskVz8_Kh0rEabw-jD-UjnVuHAJgg&fbclid=IwAR1FnZ019Ql2hjQudzVsZaqeF01AC2x_NSGapQHRAou3OBgec9UdZab26HI

・居住者は、自宅、自宅、またはコテージで訪問者を受け入れることを禁じられます。ただし、一人暮らしの個人はこの規則から免除され、一度に1人の訪問者を受け入れることができます。

・介護者や自宅でサポートやサービスを提供している人(たとえば、修理のために来なければならない在宅看護師や配管工)は、この禁止の対象にはなりません。

・住宅および長期ケアセンター(CHSLD)、高齢者住宅(RPA)および中間資源(RI)では、人道的目的での訪問、介護者による訪問が許可されます。 1日2人まで。

・個人および公共の場所での集会は禁止されます。

・ダイニングルームとレストランテラスは閉鎖されますが、後者はテイクアウトの注文にフォールバックすることができます。バー、ブラスシリーズ、居酒屋は完全に閉鎖されます。

・パフォーマンスホール、カジノ、映画館、劇場、図書館、美術館は閉鎖されますが、撮影と録音は許可されます。

・色に関係なく、ケベック州外への必須ではない旅行はお勧めしませんが、特に禁止されていません。

 

また、質疑応答部分では外であっても許可のない個人的な集会は許されないとのことでした。

[スポンサーリンク]

© 2021 みあ