[スポンサーリンク]

カナダケベック 今年の春はインフルエンザが大流行

執筆者 : みあ

ケベックではコロナ対策も落ち着き、マスク着用をしている人も町では見かけなくなってきました。そんなコロナが落ち着きを取り戻してきた今、次の脅威はインフルエンザ。ケベックシティでは、先週をピークにインフルエンザが大流行しています。

参考:https://ici.radio-canada.ca/nouvelle/1882508/augmentation-cas-influenza-quebec

2022年のインフルエンザ

通常、インフルエンザが大流行する時期は1月~2月。しかし、今年のケベックのピークは今5月。
結果として、病室が混み合ってしまっています。

インフルエンザ流行

インフルエンザで緊急外来をしている患者数(5月に激増)

参考:https://ici.radio-canada.ca/nouvelle/1882508/augmentation-cas-influenza-quebec

 

症状

インフルエンザの症状は、コロナと類似しているため、なかなか見分けがつきません。

発熱/悪寒

喉の痛み

鼻水または鼻づまり

筋肉や体の痛み

頭痛

疲れ

嘔吐や下痢(大人よりも子供に多い)


参考:https://www.cdc.gov/flu/symptoms/index.html

 

日本語の幼稚園:https://www.facebook.com/nihongokeisho

インフルエンザにかかったら?

では、インフルエンザにかかってしまったらどうすればいいのか?

ケベックのlaval大学では、緊急外来にいきなり行くのではなく、811にまずは電話をすることを促しています。また症状の出始め時期は家で待機し、症状が4日以上続く場合に、外来をすることを薦めています。特に4歳以上のこどもは、外来に来ても特に症状がひどくない場合には、家に帰されてしまうケースが多いそうです。